箱根駅伝 注目ランナー田澤選手

今回の箱根駅伝は気象条件も良く

超!高速駅伝でした。

1区からノーマークだった創価大の米満選手が

区間賞の走り☆

大牟田高校では鬼塚選手と同じチームメンバーでしたが

大学で花開いた選手でしたね。

卒業後はコニカミノルタ入社とのこと^^

2区では有言実行の東洋大相澤選手が1時間5分台という

大記録をうち立てました!!

東京国際の伊藤選手のおかげもある気もする。

エースとは期待をされて尚且つ結果も出す役割。

なかなかね、難しいですよね(><)

よく箱根にピークを合わせたと賞賛ものです。

チームは故障者ありで10位と厳しい結果でした。

卒業後は無双の旭化成へ!

そして3区は伊藤選手のいい流れを留学生のヴィンセント選手が

これまた大新記録で走り59秒25

初箱根時なので出し切ったのか余力があったのか…

これからのレースにも期待ですね^^

そしてこちらも1年生注目ランナーの駒澤大田澤選手

彼もね区間新出しましたがヴィンセント選手がすごすぎて

思いのほか騒がれませんでした(悲)

地元紙に田澤選手の記事が踊りましたよ~

 
f:id:aahh22:20200103170500j:plain

f:id:aahh22:20200109171700j:plain

地元では中学時代から速くて有名でした。

動画で彼の高校時代の驚異のラストスパートが見れますよ。

その動画で帝京大の遠藤選手も走っていました。

田澤選手は大八木監督に期待され期待に応えれる選手ですよね!

彼だけ監督の激が違いました。

そして4区はこれまた青学の吉田祐選手が区間新でトップに

立つ走りをみせました。

正直あまり記憶にない選手でしたが、強い青学ではレギュラーに

入るのもホントに大変で簡単じゃないことがわかりますね。

気持ちのこもった走りでした。

5区では青学がそのままトップでゴールしましたが

今回の山も順位変動多かったですね。

さすが特殊区間

東洋大の宮下選手が区間新の力走!

いい登りの走りで4人を抜き11位でゴール。

彼の走りがなかったら東洋大はかなり厳しい順位だったと思う。

往路を振り返ってやっぱり1区の流れって大事なんだと再確認。

あとは前を追える攻めの走りができる駅伝のセオリー。

シューズ云々はよく分かりません

 

 

 

 

 

 

 

ニューイヤー駅伝☆

令和初の駅伝が無事終わり

ニューイヤー駅伝を制したのは

やっぱり強かった旭化成!!

今回わたし大晦日と元旦は副業バイトをしてたので

リアルタイムで見れず…(涙)

しかもなぜか録画もしてなくて叫びたいところでしたが

親切なかたの動画で見ることができました。

まず1区を制したのはJR東日本大隅選手!!

ナイススパートでした^^

そこからは順位変動で旭化成トヨタ、ヤクルトなどが

上位でレースを進め5区からは旭化成トヨタ自動車

トップ争いが繰り広げられました。

しかし入賞圏内の闘いも熾烈でここは実業団としての

意地の見せどころ!

6区中継所では11位、12位だったコニカミノルタ

愛三工業などが入賞圏内まで追いつき最後のスプリント勝負が

これがすごかった!!

何年か前、1秒差で勝負が決まったレースがあったときを

彷彿とさせるかのような接戦で最後の最後コニカミノルタ

宇賀地選手が8位に滑り込むという気合いの走りに感動~

マツダの圓井選手もラストさすがでしたが惜しかった。

ベテランも意地が見れて箱根とはまた違い面白いんです^^

 

今回躍進したと思ったチームはGMOインターネットグループ

JR東日本でした。

GMOはほとんどが青学OBらで形成されたチームで1年目から

5位はスゴイですね~

JR東日本はやはり1区の大隅選手の区間賞の走りでチームは

勢いに乗りましたね☆

クイラ選手が2区で順位は落としたものの他の区間がいい走りで。

駒澤大学出身の其田選手や黒川選手が頑張りアンカーは有名な

國學院大學出身の寺田選手!

彼のスパート今回も炸裂してましたね~

ラストをもってるとかなり強みですよね。

そういう点では旭化成の鎧坂選手もさすがの区間賞の走りでした^^

HONDAは2区の外国人選手が区間上位なら設楽選手でトップに

たてましたねきっと。

駅伝はやはり流れが大事だなと改めて思いました。

箱根駅伝エントリーでました

今年もあと僅かとなりました。

ネットニュースでは箱根のエントリー発表を

うけて区間予想がはじまってる模様。

楽しいですよね予想するのは^^

 

今回は前回優勝の東海大学が連覇するのでは!?

と皆さん予想されてますが私もそう思います。

このメンバーをみるとやっぱり強いですよ。

やっぱりね、5区の山に経験者を置けるってかなり大事。

(どこの区間も大事ですが)

山さえしのげれば往路も復路も強い選手を存分に配備できます。

 

対抗馬はやっぱり青山、東洋、駒澤ではないでしょうか?

青山だけ絶対的エースがいませんが原監督の区間配置は

はまりますからね~。

東洋は相澤選手の走りを見たい!

区間新記録でるか??

私は2区に置かないと予想。3か4区かな。

 

対する駒澤は4年生のがんばりで下が相乗効果で

上がってきそう。あと山でどうかな。

田澤選手は当日変更だと思うので往路、復路どっちでしょう。

彼の走りにも注目です^^

 

今回の各大学のエントリーみてると1年生多くないですか?

逆をいうと2,3年生が少なく感じます。

長い距離ですからね、適応できなきゃいけないしルーキーは

経験がないからこそ思いきりのいい走りをしたりする。

楽しみです。

 

ニューイヤーは惣菜のバイトに行くので録画で見ます(涙)

日本郵政完全優勝!

11月24日は宮城にてクイーンズ駅伝が開催

されました。

もうこんな時期なんだとしみじみ…

パナソニックは3連覇がかかっていて今年も

優勝候補としてあげられていました。

対抗馬としては積水化学日本郵政といったところ。

日本郵政は私が知っている選手はルーキーの

廣中選手と五輪が決まった鈴木選手だけだったので

今年は厳しいかなと思っていました。

レース展開は期待以上の走りを見せた廣中選手の

区間新から始まり2区のルーキー菅田、3区鈴木選手

4区ルーキー高橋選手、5区ルーキー大西選手とずっと

先頭をキープ!!

予想していなかったのでまさかと驚きました(><)

しかしパナソニックダイハツが10秒差まで詰まって

きてトラック勝負に!

女子のレースでこの痺れる展開は珍しいですよね。

日本郵政の宇都宮選手どうなのかなぁと思いましたが

2位のダイハツには5秒差まで詰められましたが

なんとか逃げ切り3年ぶりの優勝を果たしました!

面白かったレースでしたね^^

 

それにしても天満屋はいつも小原選手に追わせる展開ばかり…

もっと他の選手も区間10番以内で走れるくらいじゃないと

表彰台は難しいかな。

あとワコールも福士さん休ませてあげてよ!

盛り上がるし好きだから出場すると応援するけどもさ。

 

ユニバーサルはどうしちゃったのか??

 

 

 

全日本大学駅伝

令和初の優勝校は駒澤か!?

と予想していましたが東海大学でした~

なんと16年ぶり☆

8区の名取選手ってあんなに走れるんですね。

高校時代は有名で鳴り物入りで入学したとか。

1区はスローペースから始まり城西が1位で

たすきを渡すと2区からは順位変動が目まぐるしく

東京国際が1位になり3区では東洋の相澤選手が1位で渡し

5区に東海が1位に浮上し7区では青学に2秒先行されましたが

8区の名取選手が早々に突き放し勝負を決めました!

今回観てて思ったのは走るだろうと思われていた選手が

不発だった大学が多かったなと。

東洋の相澤選手と駒澤の田澤選手くらいでしょうか力通りの

走りをしたのは。

やっぱり駅伝は1つのミスが命取りになりますね。

ミスの少なかった東海が優勝出来たのは他校のミスが

あったからだと思いました。

駒澤の神戸選手のアクシデントがなければ優勝争いに

絡んでいたかも!?と。

出雲は國學院大學で全日本は東海大学が優勝。

箱根の長い距離はいったいどこの大学が優勝するんでしょう~

すごい楽しみです^^

それより箱根の台風での被害はどうなんでしょう…

 

 

箱根予選会

また台風の勢力が強く千葉駅の浸水を

見てとてもビックリしました。

もうやめてあげてほしい(><)

 

箱根予選会は開催されるのかなと思っていたら

前日は雨が降っていたようですが予選会当日は

青天。そして気温が朝から高めだった。

私の地域ではBS日テレで夜7時からの放送でした。

ここに早稲田や明治、中大がいるのも時代の流れなんでしょうか…

私が駅伝にハマリ始めたのは早稲田が3冠を達成した年だったので

なんか残念(><)

毎年、力のある高校生が入ってきているはずなんですが。

とりあえず9位通過したので本戦は万全な走りで臨んでほしいですね。

 

暑かったっていうけど、ついこないだまで猛暑だったじゃ

ないですか。その暑さのなか練習してたんじゃないのかな?

もともとスタミナに不安がある選手が後半やっぱりバテたって

だけなんじゃないかと思いましたけど(。。)

 

1位の東京国際大学は力のある2人が力通りに走ったのと

他も大崩れしなかったのが勝因でしょう。

2位の神奈川の集団走でいい位置につけていたのでわりとすぐ

10人抜けましたね。

明治も4位で通過したので今年の箱根では世羅高校から進んだ

中島選手の走りが見れるかな?

山梨、城西はもう低迷期でしょうかね。

山梨にいたっては留学生頼りで日本人選手が育ってないですもん。

場所が都心じゃないから人が集まらないのも原因の1つでは

あると思いますが、そしたら筑波だってそうですよね。

 

きっと来年の予選会は熾烈ですよ。

麗澤や駿河台がすぐ下にいましたから。

その闘いも楽しみです^^

 

11月23日にBS日テレ箱根駅伝 春夏秋冬が

放映されます。

忘れないようにしよう。

 

 

令和の出雲を制したのは!?

台風19号による甚大な被害をうけた皆様が

一日でも早く日常生活をおくれますように!

 

台風の状況によっては開催も危ぶまれた

大学3大駅伝の初戦『出雲駅伝

関東周辺はいまだ台風の爪痕が残っていますが

島根は風はあるものの無事に開催されました。

 

今年は、青学、東海、東洋、駒澤が優勝するんでは!?

という前評判があったなか、なんと優勝したのは

國學院大學!!しかも最終6区での逆転優勝~!!

すばらしい☆

さすが4年生!

1区は北海道選抜のグレ選手の飛び出しに誰も付いていかず

けん制しあいつまらんなぁと思って観てましたが

2区以降は青学、東海、駒澤、東洋、國學院が徐々に

先頭を追っていって3区エース区間では青学の吉田選手

國學院の浦野選手、駒澤の田澤選手がかたまりで激走。

私は地元が一緒のルーキー田澤選手を応援していました。

ゴールデンスーパールーキーと呼ばれていたのには嬉しくなりました。

後ろから予想通り東洋の相澤選手が追いついてきたのもさすが

なんですがラスト500mで田澤選手が飛び出してそのまま

1位でたすきリレー!!

痺れた~^^

4区以降も駒澤が優勢でたすきを繋いでアンカーもこのまま

駒澤が逃げ切るだろうと思っていたのに!!

國學院の土方選手が凄かった。

気持ちのこもった走りだと思いました。

そして区間賞~☆

駒澤は8秒差で2位、東洋はさらに3秒おくれて3位でした。

まさかまさかの展開でしたが久々面白かったですね^^

駅伝は本当に最後までわからない。

来月は全日本駅伝と少し距離も長くなるのでどこが

優勝なのか読めないですね~。

今回走らないで全日本にまわる選手が誰なのか楽しみな

ところです。