読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上 日本選手権 10000m

はっきり言ってクソレースでした(←口が悪い)

28分32秒で優勝って・・・

近年こんなショボイレースばかり。

日本選手権というくらいなんだから

せめて選手は自己ベストを出せるよう、

または自己ベストと同等の記録は出すべき

なんじゃないかな?

優勝という肩書きがほしいのはわかる

けどさぁ・・・

大迫選手をぴったりマークでラスト一週で

突き放す展開も飽きた。

たまには最初から先頭走ってみたら?佐藤選手。

 

だから5000mでの城西大学の村山選手にの

走りには好感が持てた(村山兄弟の弟さんです)

あれは彼の自信になったんじゃないかなぁ。

学生はああでなくちゃ!

5000mは顔ぶれが豪華だったんですけどね。

ラストきれる選手も多かったんだけどなぁ・・・

 

宇賀地選手はどうしたのかな?