陸上全日本実業団選手権

大阪のヤンマースタジアム長居で行われた

実業団の大会で100mをセイコー

山縣選手が10秒01で制しました^^

9秒台こそは出なかったですが彼は本当に

安定した走りのレースができていますね。

その時の天候やトラックのクセなど色々あるけれど

10秒0台はスゴイとしか言いようがないです!

 

話は変わりますが『アスリートの魂』という番組で

200m日本記録保持者末續選手の特集をやっていたのですが

栄光も苦難も味わい、なおも現役スプリンターとして

38歳という年齢にもかかわらず挑戦していく姿は

なんというか同い年としてすごく感銘をうけました。

ほとんどのアスリート選手は年齢の衰えとともに

納得のいくパフォーマンスが出来なくて引退を決意することが

まぁ自然の流れになるんでしょうが、彼のあくなき探求心には

脱帽…

マスターズ陸上の優勝動画も見ましたが走ったあとの表情が

いいですよね^^

一緒の大会に出れた人うらやましい。

なんだかブレブレの今の自分に突き刺さり刺激になりました。