今年の箱根駅伝 まず往路

総合優勝は東海大学

往路優勝は東洋大学

復路優勝は青山学院大学

平成最後の箱根は面白かった!!

1区は東洋の西山選手が昨年に続き区間賞。

そこから2区は国士舘のヴィンセント選手→

3区で青学の森田選手が逆転→

4区東洋の相澤選手がまた逆転→

5区は東洋田中選手が守りきり東洋の往路優勝!

ここまででも目まぐるしい順位変動でした。

今大会はどこも山対策が上手くいっていましたね。

4区に強い選手を配置しての5区への流れが好走につながってました。

気象条件もよかったのが関係あるのかも^^

東洋の区間配置がピタリとはまり、それに選手も期待に

応え往路優勝に繋がりましたね☆

順天堂大学塩尻選手が2区の日本人記録を塗り替えたけど

順天堂大学は彼だけですもんね…なんかもったいない。

追う立場ばっかり。

早稲田も1区中谷選手が1年生ながら区間4位できたのに

2区以降大きく順位を落としテレビ画面から消えてしまいました…

やはり駅伝はいかにチーム力が大事かってことですね。

予選会に出てないのに箱根にピークをもって来れないのもなぁ。

山梨学院もにニャイロがいないとこうもグダグダだったし。